リモートデスクトップサービスとCitrix XenAppでのBarTenderの使用 フォローする

Avatar
Tyler Comin

このページはGoogleによって機械翻訳されています。

概要

  この記事では、WindowsリモートデスクトップサービスとCitrix XenAppでBarTenderを使用する方法について説明します。 BarTenderの各エディションについて、これら2つの環境における印刷とライセンスの問題について説明します。

リモートデスクトップサービスとCitrixでのBarTenderの使用に関する詳細情報 Xenappについては、 Citrixおよびリモートデスクトップのセクションを参照してください。 このホワイトペーパー (ホワイトペーパーは英語です)

 

エディション間の違い

ベーシックエディションとプロフェッショナルエディション

  BarTenderのBasicエディションとProfessionalエディションは、一度に1人のユーザしか実行できません。 BarTenderがすでに1人のユーザーのセッションで実行されている場合は、サーバーにログインしている2人目のユーザーはアプリケーションを実行できません。

自動化およびエンタープライズ自動化エディション

  BarTenderの2つのオートメーション版は、無制限のユーザーがBarTenderアプリケーションを実行することを可能にします。したがって、任意の数のユーザーセッションで同時に実行できます。ユーザーベースのライセンスではなく、Automationエディションはアクティブに使用されているプリンタの数によってライセンスされています。

 

リモートサービス/ Citrix Xenapp

リモートデスクトップサービス

  リモートデスクトップサービス(以前のターミナルサービス)は、クライアントのキーボード、マウス、およびモニタが実質的にサーバーマシンに直接接続されるように、クライアントコンピュータをサーバーに接続できるようにするWindows Serverの機能です。リモートデスクトップサービスの詳細については、MicrosoftのWebサイトで「リモートデスクトップサービス」または「ターミナルサービス」を検索してください。 www.microsoft.com

 

Citrix XenApp

  Citrix XenApp(以前のCitrix MetaFrame Server)は、リモートデスクトップサービス上に構築されたシンクライアント製品で、ユーザーは企業のアプリケーションに接続できます。詳しくは、CitrixのWebサイト( www.citrix.com )を参照してください。

プリンタのリダイレクト

  リモートデスクトップサービスは、サーバーからクライアントコンピュータにローカルにインストールされているプリンタに印刷ジョブを送信するプリンタリダイレクトを提供します。このドキュメントの「クライアントプリントキュー」セクションに、これに関する簡単な説明があります。

  プリンタリダイレクトの詳細については、www.microsoft.comで "リモートデスクトップサービス"または "ターミナルサービス"を "プリンタリダイレクト"で検索し、この機能に関するナレッジベースの記事、FAQ、およびその他の種類のドキュメントを検索してください。

 

印刷

  ユーザーがリモートデスクトップサービスセッションにログインすると、利用可能なプリンターの一覧は、サーバーにインストールされているプリンタードライバーとクライアントにインストールされているプリンタードライバーの2つのソースから取得されます。サーバーにインストールされているドライバーはサーバープリントキュー、クライアントにインストールされているドライバーはクライアントプリントキューと呼ばれます。

サーバープリントキュー

  プリンタがサーバに直接接続されている場合、またはTCP / IPを介してサーバに接続されている場合は、プリンタドライバをサーバにインストールできます。これにより、サーバーの印刷キューが作成され、事実上すべてのリモートデスクトップセッションでプリンターを使用できるようになります。

クライアントプリントキュー

  クライアントの印刷キューは、リモートデスクトップサービスとCitrix XenAppの両方で利用できる機能であるプリンタリダイレクトによって作成されます。プリンタリダイレクトは、リモートデスクトップセッションからの出力をクライアントコンピュータで利用可能なプリンタにルーティングし、自動クライアントプリントキューを作成します。一致するプリンタドライバがサーバーにインストールされ、すべての印刷コードがサーバー上で生成され、結果の印刷コードがクライアントコンピュータで利用可能なプリンタにリダイレクトされます。

  クライアントがリモートデスクトップセッションにログインすると、サーバーはクライアントにインストールされている各プリンタの印刷キューを作成しようとします。特定のユーザーのセッションでのみプリンタを使用できるようにするために、クライアントのプリントキューをサーバのローカルネットワーク上にあるプリンタに使用することもできます。

  

    双方向通信に関する注意事項   

    プリンタのリダイレクトは、クライアントとサーバー間の双方向接続を確立するために使用される双方向通信をサポートしません。プリンタのステータス情報など、印刷手順がプリンタからのデータの受信に依存している場合は、プリンタのリダイレクトを使用できません。   

ユニバーサルプリンタドライバ

  ユニバーサルプリンタドライバを使用すると、製造元やモデルに関係なく、ほとんどすべてのプリンタに印刷できます。単一のユニバーサルドライバをインストールすることで、サーバに複数のプリンタ固有のドライバをインストールする手間が省けます。

  Citrix XenAppでは、クライアント印刷キューは、CitrixユニバーサルプリンタまたはCitrixユニバーサルプリンタドライバを使用して自動的に作成できます。 Citrixユニバーサルプリンタは、ユーザーのセッションに表示されるすべてのプリンタを置き換える自動生成されたプリンタオブジェクトです。このインストールされているプリンタは、使用したいほとんどすべてのプリンタに印刷するために使用できます。

  Citrixユニバーサルプリンタドライバは、ほとんどのプリンタへの印刷に使用できる汎用プリンタドライバです。 Citrixユニバーサルプリンタのように単一のプリンタオブジェクトを追加するのではなく、単一のドライバがインストールされます。その後、ユニバーサルプリンタドライバを使って複数の自動プリントキューを作成できます。

  リモートデスクトップサービス用のユニバーサルプリンタドライバは、リモートデスクトップ簡易印刷と呼ばれます。 Easy Printドライバは、ターミナルサーバに複数のドライバをインストールする必要なしに、複数モデルのプリンタをサポートします。

 

サーバーにプリンタドライバをインストールする

  サーバーがクライアントにインストールされているドライバにローカルアクセスできる場合は、クライアントのドライバが自動的に使用されます。サーバーがドライバにアクセスできない場合は、クライアントマシンのドライバと同じ名前のプリンタドライバをサーバーにインストールする必要があります。これが完了すると、クライアントがログインするたびに印刷キューが自動的に作成されます。

   Windows Server 2008の場合:

  1. [管理ツール]メニューから[印刷管理]を選択します。   
  2. [プリントサーバー]ノードを展開します   
  3. [ドライバ]を右クリックして、コンテキストメニューから[ドライバを追加]を選択します。   
  4. 指示に従ってプリンタドライバをインストールします。

   Windows Server 2003の場合:

  1. Windowsで[プリンタフォルダ]を開きます。   
  2. [ファイル]メニューから[サーバーのプロパティ]を選択します。   
  3. [ドライバ]タブをクリックします。   
  4. [追加]ボタンをクリックします。   
  5. 指示に従ってプリンタドライバをインストールします。

 

クライアントプリントキューを使用したプリンタライセンス

  BarTenderのAutomationエディションを使用する場合、Seagull License Server(SLS)はプリンタ自体から受信した情報を処理することによって固有のプリンタを識別します。ローカルにインストールされたプリンタの場合、この情報にはプリンタのモデルとポートが含まれます。ネットワークプリンタの場合、これにはプリンタのIPアドレスとTCPポートが含まれます。ただし、Citrixおよびリモートデスクトップサービス環境では、SLSはポートやIPアドレスなど、サーバーからこの情報の一部を取得できません。プリンタがユニバーサルドライバを使用している場合、使用しているプリンタのプリンタモデルを取得することはできません。この情報がないと、プリンタが複数のクライアントから使用されている場合、SLSはそれを単一のプリンタとして認識しない可能性があります。これにより、プリンタがSLSに複数回表示され、ライセンスで使用可能なプリンタの数が事実上減少します。

 

Seagull License Serverリモートアシスタント

  Seagull License Server Remote Assistantは、Citrixまたはリモートデスクトップサービス環境を使用しているときにSeagull License Serverがプリンタを過剰にカウントしないようにするためのリモートクライアントにインストールするソフトウェアユーティリティです。 Seagullライセンスサーバーリモートアシスタントは、インストール時にクライアントコンピューターにインストールされているプリンターから直接詳細情報を取得します。印刷要求がクライアントから開始されるたびに、SLSはリモートアシスタントからこの情報を要求します。追加の印刷情報を使用して、SLSはプリンタモデル、ポート、およびIPアドレスに基づいてプリンタを正確に区別できます。

Seagull License Server Remote Assistantをクライアントコンピュータにインストールするには、こちらのWebサイトからインストーラパッケージをダウンロードして実行します。ソフトウェアのダウンロードまたはBarTender SuiteのインストールCD。

Seagull License Serverリモートアシスタントに関する注意事項

Seagull License ServerリモートアシスタントをCitrixと併用するには、Citrix Independent Computer Architecture(ICA)仮想チャネルv12.0以降がインストールされ、動作している必要があります。

インストーラーパッケージを実行することに加えて、ユーザーはサイレントインストールコマンドラインを使用して、最小限から全くユーザーインターフェースを使用せずに、Seagull License Server Remote Assistantをネットワーク内のコンピューターにインストールできます。サイレントインストールコマンドラインを使用して、Seagull License Server Remote Assistantをネットワーク上の複数のコンピュータにインストールできます。

 

コマンドラインインストール

Seagull License Server Remote Assistantをコマンドラインからインストールする

  1. [実行]テキストボックスを開きます。
  • Windows 10では、Windowsメニューの[検索]フィールドに「実行」と入力し、結果からデスクトップアプリ[実行]を選択します。
  • 以前のエディションのWindowsでは、Windowsの[開始]ボタンをクリックし、[実行]オプションを選択します。
  1. [ファイル名を指定して実行]テキストボックスに「cmd」と入力します。
  2. [OK]をクリックしてコマンドプロンプトを開きます。
  3. 以下の構文を使用して目的のコマンドパラメータを入力します。

 インストールスクリプトの例

インストールを監視しながらSeagull License Server Remote Assistantをインストールするには プロセス:

Citrixがインストールされている場合でも、Seagull License Server Remote Assistantをリモートデスクトップサービス環境にのみインストールするには、次の手順を実行します。

Seagull License Server Remote AssistantをCitrix環境にのみインストールするには、次の手順を実行します。

この記事は役に立ちましたか?

ログインしてコメントを残してください。