SeagullDriverをインストールする前にAuthenticode署名をインストールする フォローする

Avatar

BarTender Content Team


概要

Windowsのセキュリティにより、ユーザーはドライバをサイレントインストールまたはインストールできなくなります。 ユーザーがネットワークを介してパッケージ対応ドライバーに接続できるようにします。  インストール SeagullScientificプリンタードライバーがそれらと見なすためのAuthenticode署名 ネットワーク上の「信頼できるソフトウェア」。

 

パッケージ対応のプリンタードライバー

7.4.3ドライバーリリース以降

クライアントマシンは、パッケージ対応を使用してネットワークプリンタに接続できなくなります Authenticode署名がインストールされるまでドライバー。  フォローする 以下の手順で、各クライアントにAuthenticode署名をインストールするか、追加します グループポリシーにそれを。

Microsoft WindowsセキュリティロールアウトMS16-087に対応して、Seagullドライバーは7.4.3ドライバーリリース以降、パッケージ対応になりました。 パッケージに対応しているため、ユーザーは管理者の資格情報なしでネットワークプリンターに接続できます。ただし、Seagull Scientificは、クライアントマシン上で「信頼できる」ソフトウェア発行者と見なされています。  

 

手順

注:これらの手順は、Windowsのバージョンによって異なる場合があります。

ドライバーパッケージを抽出します

  1. 最新のSeagullドライバーを当社のWebサイトからダウンロード
  2. ドライバーファイルを c:\Seagull フォルダーに抽出します
  3. DriverWizard.exe ツールを実行して、以前に削除します 必要に応じて、プリンタドライバをインストールしました。

証明書の抽出

バージョン2021.3以降、証明書を抽出する必要はなくなりました。これ ドライバパッケージに含まれています。 2021.3以降をインストールする場合は、スキップしてください 次のセクションに進みます。

IT管​​理者は、カタログからSeagull証明書ファイルを抽出する必要があります ファイル(実際には、任意のドライバー.dllまたは.exeを使用できます)。

  1. カタログファイルを見つけます。残りのドライバーファイルと一緒に見つけることができます。 拡張子は.catです
  2. catファイルを右クリックし、 開く をクリックします。
  3. 下部にある 署名を表示  ボタンをクリックします ダイアログの
  4. 証明書の表示 ボタンをクリックします
  5. 次のダイアログで、 詳細</​​ em>  タブをクリックします 頂点で
  6. 下部にある[ ファイルにコピー ]ボタンをクリックします
  7. エクスポートウィザードを実行します。  場所を指定する必要があります 証明書のファイル名ですが、残りの設定はすべきではありません 変更する必要があります。
  8. この時点で再起動が必要になる場合があります

証明書のインポート

証明書を単一のワークステーションに追加することも、ドメイングループに追加することもできます ポリシー。

注:今年の7月に、Seagull証明書が更新され、によって発行されました。 新しい認証局(CA)。 Windows7や 8はこのCAを認識しない可能性があり、ルート証明書を順番にインストールする必要があります カモメが有効であると認識されるために
  1. 次のWebサイトから「DigiCertTrustedRootG4」CRTファイルをダウンロードします。
    https://www. digicert.com/kb/digicert-root-certificates.htm
  2. マシンで証明書をダブルクリックします。ウィンドウには、この証明書が「信頼されていません」と表示されることに注意してください。これは、証明書が正しくインストールされた後に変更されます。
  3. [証明書のインストール]ボタンをクリックします。
  4. 証明書を配置する場所を尋ねられたら、手動で[信頼されたルート証明機関]を選択します。
  5. ウィザードを完了します。
  6. ウィンドウを閉じて、証明書ファイルをダブルクリックして再度開きます。正しくインストールされていれば、ウィンドウに証明書が信頼できないものとして表示されなくなります。

単一のワークステーションへの証明書の追加:

  1. 抽出されたドライバーファイルの場所を参照します(デフォルトはC:\Seagull)
  2. ドライバインストールファイルフォルダにある.catファイルを開きます
  3. [署名を表示]をクリックします
  4. [証明書の表示]をクリックします
  5. [証明書のインストール]をクリックします
  6. ウィザードを使用して証明書をインストールします
  7. 証明書を配置する場所を尋ねられたら、手動で「信頼されたルート」を選択します 認証局」。

ドメイングループポリシーへの証明書の追加:

  1. グループポリシー管理アプリケーションを開きます。  開始  管理ツール  グループポリシー管理
  2. ドメイングループポリシーを見つけて右クリックし、[ 編集 ]をクリックします。
  3.   コンピューターの構成  ポリシー  Windows設定  を選択します>  セキュリティ設定  公開キーポリシー
  4.   信頼できるサイト運営者  を右クリックして   インポート をクリックします
  5. インポートウィザードを実行し、証明書の場所と名前を入力します 求められたら、ウィザードを終了します。ファイル以外の設定はありません 変更する必要があります。

Seagull DriverWizardを使用してドライバーをインストールします

これで、ネットワーク全体でパッケージ対応ドライバーに接続するか、 ドライバーは、セキュリティプロンプトがブロックされることなくサイレントに実行されます。

 

本件に関するフィードバックやご質問は弊社の Community Forumsに投稿してください