Seagullドライバをサイレント/自動モードでインストールする フォローする

Avatar

BarTender Content Team


このページはGoogleによって機械翻訳されています。

概要

Seagullドライバウィザードv7.2以降では、コマンドラインパラメータを使用してプリンタドライバを簡単にインストールおよび削除できるコマンドラインインターフェイスがサポートされています。

Seagull Driver Wizardは、インラインコマンド、および複数のコマンドを含むバッチファイルをサポートしています。

   ヒント: Seagullドライバのインストール前にAuthenticode署名をインストールするので、Seagullによって署名されたすべてのドライバはセキュリティプロンプトなしでインストールされます そのドメイン上の任意のコンピュータ。

 

インストール

DriverWizard.exe install /name:"Printer Name" /model:"Driver Name" /default /share:"Share Name" /port:"LPT1"
DriverWizard.exe install /autodetect

 

コマンドパラメータ

パラメータ  説明
/name プリンタの名前(これは、「プリンタ」フォルダに表示される「わかりやすい」名前です。)       
/model ドライバの名前       
/default これにより、プリンタがデフォルトプリンタとして設定されます。       
/share これにより、プリンタは指定された名前の共有プリンタとして設定されます。       
/port プリンタが接続されているポート。       
/autodetect DriverWizardは最近接続されたPnPプリンタを探し、ドライバをインストールします。       

 

削除

DriverWizard.exe remove /printer:"Name of Printer"
DriverWizard.exe remove /driver:"Name of Driver"
DriverWizard.exe remove /all /driver
DriverWizard.exe remove /all /driver:"Name of Printer Manufacturer"
DriverWizard.exe remove /monitor:"Name of Monitor"
DriverWizard.exe remove /file:"Name of File"

 

コマンドパラメータ                                                                                               

パラメータ  説明       
/printer  プリンタを取り外します。これは、「プリンタ」フォルダに表示される「わかりやすい」名前です。       
/driver  プリンタドライバを削除します。 (ドライバは、ドライバを使用しているプリンタがない場合にのみ削除されます。)       
/monitor  言語モニタまたはポートモニタを削除します。       
/file ファイルを削除します。フルパス名を指定する必要があります。       
/all /driverでのみ動作します。システムからすべてのドライバとそれに関連するプリンタとファイルが削除されます。プリンタ製造元を指定すると、その製造元のすべてのプリンタとドライバのみが削除されます。       

 

抽出

ドライバーパッケージの実行可能ファイルは、ユーザーインターフェイスまたはコマンドラインを介した抽出をサポートします。

[Manufacturer].exe /x C:\Temp /i

コマンドパラメータ     

パラメータ  説明
/x [directory] 指定されたディレクトリにコンテンツを抽出します。デフォルトではウィザードは実行されません
/i 
抽出後にDriverWizardを実行するかどうかを指定します

 

バッチコマンド

DriverWizard.exe @C:\commands.txt

DriverWizardは指定されたコマンドファイルを実行します。 コマンドファイルは、上記で定義されたコマンドを含むテキストファイルです。

本件に関するフィードバックやご質問は弊社の Community Forumsに投稿してください